安倍晋三辞職であぶり出される「左のネトウヨ」たち

まぁ「パヨク」や「ツイフェミ」と呼べるんですけどね。

私たち自由主義者の宿敵、安倍晋三総理大臣がようやく総理大臣を辞職してくれましたね。私は5chの嫌儲板の住民でもあり、安倍やめろはコンテンツの一つと言えました。奴と戦って今の私があります。
安倍晋三についてはこのまま、総理大臣時代に犯した罪、公文書を改ざんするという国家運営の根底を揺るがす罪(=内乱罪)について適切に責任を追求していきたいなと思います。内乱罪の首謀者は量刑的には死刑か無期の二択です。総理大臣はもちろん首謀者です。

さてそんな記念すべき日に、立憲民主党のアホが盛大にやらかしました。

病気であることを大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物と表現する。とんでもない差別発言ですね。病気である人は重要な役職についてはいけないのでしょうか。そんなわけありません。

例えば、女性は毎月生理がありますね。
生理の重さには個人差はありますが、体調が悪くなり、精神的に不安定になりやすいのが基本です。では大事な時に生理になる癖がある危機管理能力のない人物として、重要な役職につくことを禁じたり、それをまるで本人の過失かのように攻め立てていいのでしょうか。そんなわけありません。

例えば、昨年はれいわ新選組の山本太郎が比例選挙をうまく利用し、ALS患者を国会議員にすることに成功し、国会のバリアフリー化を強制的に進めました。
ALS患者は24時間常に介護が必要な超難病です。残念ながら現代の医学では治ることはなく、日々、少しずつ体が壊れていってしまいます。では大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物として、国会議員という重要な役職につくことを禁じていいのでしょうか。そんなわけありません。

これは明らかな差別発言であり、許されるものではありません。

もちろん私も即座に反応します。とんでもない発言だなと。

私は政治家とは立場が違いますし、私個人のキャラクター性として、品行方正さをウリにはしていません。私は徹底した自由主義者です。そのため正直に言いますが安倍晋三死ねと思っていますよ。

しかし品行方正さをウリにしようとしている野党議員だとそういった直接的な言い方はできないので、結果的にこうして回りくどく嫌味を言おうとし、失敗して差別発言をしてしまうことがあるわけなんですね。しかし失言は失言です。品行方正さをウリにするのであれば尚更酷い失言です。

石垣のりこの失言を批判するのは私に限った話ではなく、多くの人がこの発言を批判します。

同じ立憲民主党内からも批判があります。しかし全く聞く耳を持ちませんでした。

最終的には幹事長からも怒られ、そこでようやく渋々と謝罪しました。
有権者から批判されても言い訳をしていましたが、こうして偉い人から叱られると渋々謝罪する。ああ、クズですね。「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」で物事を判断する愚か者です。

野党だからと擁護しちゃう愚か者たち

今回失言をした石垣のりこは野党議員なので、ネトウヨさんが特に盛大に批判していることが確認できます。
ネトウヨもまた「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」で物事を判断する愚か者なので、野党議員が少しでも失言をした時は徹底して批判しますし、逆に自民党議員の失言ならどんな内容も徹底擁護します。ネトウヨというのはそういう愚か者です。

そして左のネトウヨ、パヨクやツイフェミと呼ばれる者たち。この人達は良識派とかリベラルとか色々自称しますが、もちろんその正体はネトウヨと同様ただの愚か者です。「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」で物事を判断する愚か者なので、まるで当然のように石垣のりこを擁護している姿が観測できました。
今回は、石垣のりこを擁護する左派のサンプルをあえて出しません。今回の記事の目的はそういった人を責めるものではないからです。

左派にとって今が更生のラストチャンスではないかと思う

日本史上最低最悪最長の総理大臣 安倍晋三。最低最悪であることは、彼自信が「政治は結果だ」と言っていることから分かります。驚くほど悪い結果しかありません。史上最低の結果です。
それでも民主主義国家において政権が続くにはある程度の支持率が必要なので、彼に強烈な反対感情を示すリベラル層とはなんだかんだで少数派です。先程も書きましたが私は安倍晋三には死ねと思ってます。しかしこれは少数派なのです。
(私の思想はリベラルではなく完全自由主義ですが、層として保守orリベラルと分けた場合は、リベラル層と扱われます。)

多数派に対抗するため、少数派であるリベラル層は結託する必要がありました。しかも相手は史上最低最悪の総理大臣です。そうなると、それはもう徹底して強烈で強固で堅牢に結託し共闘する必要があります。
徹底して共闘をした結果、何が起きたのか。それは強烈な先鋭化です。リベラル層は、保守や専門家、メディア、サブカルよりアカウントは少なく、リツイート数だけは桁違いに多いという特殊な存在と化したのです。

ネット民意 動かすのは誰:日本経済新聞
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/netizen-will/

アカウント数よりリツイート数の方が多い。
仲間内で相互にリツイートし合いまくってるんですね。
しかもそれが、ネトウヨなんかが比較にならないほど強烈なのです。

数は少なく、そして相互にリツイートし合って承認欲求を高め合う行為はブッチギリ。これがツイッターのリベラル層の現実です。この状態で「エコーチェンバー現象」「先鋭化」と呼ばれるものが起こらないわけがありませんね。
この環境では、自己が相当強く確立した者でなければ、最初はマトモなつもりでもだんだんと感覚が狂って思想が崩れ感情が歪み下劣で下品な存在へと変化していってしまいます。その結果が近年、ツイフェミというネトウヨより目立つようになったレイシスト集団を生み出してしまいました。少し前までは「ツイッターレディース」とか呼ばれ、そこまで目立たなかったんですけどね。今はもうネトウヨより目立ちます。より目立つ方を私は批判するため、このブログは最近ツイフェミ批判が多いです。

ツイッターリベラル層は、史上最悪の総理大臣安倍晋三に対抗するため、どうしても先鋭化しやすい状態にならざるを得ない事情がありました。元はむしろ正義感の強い人だったのが、互いに承認欲求を高め合ううちに、別の次元へとアセンションしてしまいました。

しかし安倍晋三はついに辞職しました。
もう今までほど激烈に結託して対抗しようとする必要はありません。

今回石垣のりこを擁護してしまった人は、自分がいつの間にか左に寄りすぎ、左のレイシストと化していたことに気づきましょう。そして、安倍晋三が辞めたこの人を境に今一度自分を見つめ直し、右でもない左でもない中央から正義を叫ぶ立場へと帰るべきです。

今回が本当に最後の更生チャンスだと思いますよ。

コメント

  1. 匿名 より:

    世の中にはもっとひどい方もいらっしゃいまして、仮病だろ!なんて言ってる方もいらっしゃいます。

  2. 匿名 より:

    たまたまネットで検索しててこの記事を読みました。

    >安倍晋三には死ね
    >こうして偉い人から叱られると渋々謝罪する。ああ、クズですね。

    言いたいことは理解できますがこういう言葉を使うのもまたレイシスト的な感じだと思います。
    正しいと思っている考えを公表するには正しい言葉使いが必要だとも思います。

    ちなみに私もロールズの正義論などには同意する部分も多々ある自由主義者に近い人間だと思っています。

    古い記事にコメントするので誰にも読まれない可能性は高いですが…

タイトルとURLをコピーしました